大原奨農会について

財団法人大原奨農会農業研究所として、大正3年に設立以来、農業に関する学術研究とその間に多くの人材を養成してきたが、終戦後農地改革法により資産が半減したため自立自営が出来なくなり研究に要する一切の資産を岡山大学に寄付し解散した。

しかし、その遺留財産を資産として農業生物に関する学術研究の助成のため、昭和32年に財団法人大原奨農会を設立し事業を続けていますが、平成18年に「公益法人関連三法」が公布されたので、平成26年4月に公益財団法人大原奨農会に移行した。

-財団について-

名称
公益財団法人大原奨農会
代表理事 大原謙一郎
住所
倉敷市阿知2丁目25番33号
電話
086-422-2299
FAX
086-422-4518

(目的)

1、この法人は、資源生物に関する学理及びその応用に関する研究を助成し、
その研究成果を普及奨励して資源生物の開発・利用に寄与すること等を通じ、
地域社会の健全な発展に寄与することを目的とする。

(事業)
2、この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
  • (1) 岡山大学資源植物科学研究所をはじめとする研究機関等が行う研究の助成及び斡旋
  • (2) 資源生物に関する研究成果の公開普及および出版の助成
  • (3) 資源生物に関する講演会、研究発表会および展示会等の開催ならびに協力
  • (4) 地域振興に資する事業に対する助成
  • (5) その他この法人の目的を達成するために必要な事業

3、前項の事業は、岡山県において行うものとする。

助成に係る申請は事務局までご連絡下さい。

〒710-0055
倉敷市阿知2丁目25番33号
株式会社 三 楽 内
公益財団法人 大原奨農会
事務局
TEL 086-422-2299